オーガニック・バナナの収穫

 

○ オーガニック農家
舩水 礼さん (ふなみず れいさん)
「宝島organic 」代表

 

 

 

 

ー profile ー
  埼玉県出身。熊本県に在住していた2014年、奥様とともに離島めぐりの旅に出た礼さん。
  最初の目的地は知り合いがいる宝島でした。旅のスタートで待っていたのは思いがけないできごと。
  宝島で過ごすうちに、突如「ここに住む!」という強い思いが湧き上がってきたのです。
  旅の計画はスタート地点で大幅に変わり、宝島へそのまま移住。
  いまだに住もうと思った理由は「わからない。理由はないなあ・・・」と笑う礼さん。
  現在、100%無肥料・無農薬の自然栽培で         
 バナナ・パッションフルーツ・みかんを育てています。

 

ー 自信をもって勧められるものを -
  宝島で農業を始めた礼さんは、
 「やるなら自然栽培で、と最初から決めていた」と言います。
  自然であることの大切さを重んじるご両親のもとで育った影響も
  あり、
「食べ物は安全な物を顔の見える人から買いたいという
  思いがあって。
でも本当に信頼性のある物の流通はまだまだ少ない
  と
感じていました。なので、自分でやるならどんな人にでも自信を
  もって勧められるものを作りたい、
自分の子供に安心して食べさせ
  られるものを売りたい。」

  言うまでもなく、人の身体は食べ物で作られます。その影響は身体のみならず精神にまで及びます。
  私たちが思っている以上にその影響は大きいのかもしれません。
 「時間も手間もかかるけど、自然栽培でやることに一切の妥協はしたくなかった。」
  礼さんは高い意識のもと、ひとりでバナナの栽培に挑み始めました。

 

 

ー 国産の露地栽培バナナ ー
  国産バナナは気候の関係でハウス栽培が主流です。
  幸いなことに宝島は高温多湿の気候と、カリウムを多く含む土壌に恵まれています。
  礼さんは国産では稀少な露地栽培でバナナを育てています。

  宝島の土の要因か、開墾してから比較的すぐに実をつけるバナナ。でも7~8年と時を経ていくうちに
  土中の養分を吸いきるためか、花や茎、実が痩せていくこともあるそうです。
 「痩せてしまうようなら原点に戻って、2~3年かけて土作りから取り組もうと思っています。
    自然栽培の基本は土作りだから。」
  安定した品質のバナナを作るために、現在は試行錯誤の真っ最中。

  また、苦労するのが島の仕事との両立。
  島の男性は青年団に所属し、フェリーが入港する際に「荷役」と呼ばれる、着港作業や荷物の積み下ろしを
  行います。週4回、早い時は早朝4時頃から荷役をこなしながらの畑仕事。
 「大変な時もあるけど、それは僕だけじゃなくてみんな同じ。荷役も大切な仕事だし、コンスタントにバナナを
  出荷できる環境づくりが今の目標なので、がんばれます。将来的には自然栽培作物の安定供給とともに、
  自給生活
の幅を広げていけたら、と思っています。」
 
  現在、通販で販売されている礼さんのバナナは人気商品のひとつで、あっという間に売り切れます。
  出荷量を増やして安定供給するために、今は新たなバナナ畑を開墾しています。
 「これからもずっと100%オーガニックにこだわった作物を作り続けたい」
  今日もひとり、妥協のない姿勢で畑と向き合う礼さん。

  毎年6~9月はバナナの収穫シーズン。
  礼さんの思いのこもったオーガニック・バナナの収穫を一緒にしませんか?

 

 

- 礼さんからひとこと -

  まだ駆け出しのバナナ農園ですが、味と品質には自信があります。
  ぜひ宝島で実際に見て、体験して
ください。まずは僕のこだわりのバナナを食べてみてください!


オーガニック・バナナの収穫(6~9月)
 1日1人 ¥ 3000
 収穫したバナナ1kg お持ち帰り付き
 所要時間 1時間半~2時間 
           
   
 ※ 台風など気候の影響によって、収穫時期が前後する場合があります。
   事前にお問い合わせください。 

 

 

 

→『泥しぼり染め』

 

  

 

PAGE TOP